ベテランディーラーさんの武勇伝

ベテランディーラーさんの武勇伝

前回の記事ではディーリングルームの
コンサル時代の話をしました。

その中で会議が行われていて、若い方々は
情報や検証結果を収集して共有するなどを
行っているのですが、

それに関連してベテランディーラーさんが
必ずと言っていいほどいうのが、

昔はチャートを手で書いて、
それで検証や分析を行い提出していたんだよ!

という昔と今の違いです。

これ、私があったディーラーやトレーダー
で昔から相場にいる方は例外なくほぼ全員
これをいいます。

それって何故なのでしょうか?

確かに昔はこうだったとか、私の時代は
こうしたということを言うのはどの世界
でもあることなのですが、

手書きでチャートを書くことでしっかりと
チャートを見る、それで地道に分析や検証
をすることで、しっかりと自分の知識や
経験の助けになっているということだと
思います。

今はチャートの技術が進んでそんなことを
しなくてもいい時代ですが、私もそれを
思い出し手書きのノートをつけていた時が
あり、その時の地道な作業でしっかりと
整理ができたと思う部分が多大にあります。

試してみてはいかがでしょうか?

井手慶之のコラムもメルマガで配信中!