お陰様で満員御礼で完売となりました!!
井手慶之からのメッセージ

 

 

 

今回、直接でなければ、そして実践形式でなければ、
絶対にお伝えできないことに特化してセミナーコンテンツを作成しました。

 

 

 

 


 

しかもそれを
「知識」としてではなく「見識」として身に付けるための実践ケーススタディ
私が直接お伝え致します。

 


というのも、


日々トレーダーの皆様は様々な学習教材で学習したり、
自分自身の過去のトレードと照らし合わせながらスタイルを確立したり、
あるいは、周りの詳しい人からメソッドを学んだりと、


日夜「知識」を身につけていっていると思います。


私が配信させていただいている「テクニカルアドバンス」でも、
絶対的に必要な知識や相場を読むポイントはお伝えしています。


しかしながら、毎日のように身につけている知識も、
使うタイミングやポイントを間違えれば“ムダ”になる可能性があります。


さらに言えば、なまじ知識があるために、判断を鈍らせてしまう危険性もあります。
重要なのは、身につけた知識をどのように使うか?という活かし方です。

 

 

 



 

ここさえ押さえておけば、相場分析、テクニカル選択、相場の未来予測に迷うことはありません。
自分自身のトレードスタイルも見出すことができます。


ただ、この押さえるべきポイントを突き詰めるには、
しっかりと知識を持った人が直接矯正をかける
ということをしないと完全に身につけることは困難です。


そういった意味で、普段頑張ってトレードを学んでいるのに、なかなか結果が出せない。


という方には、今回のセミナーは
プロの指標や考え方、テクニカルの選択、未来予測の方法を同じ空間で直接学べる
転機となるセミナーになります。


「知識」から「見識」への変換を狙ったセミナーになりますので、
セミナーの目的も、セミナーの内容も、セミナーで得られる技術も至ってシンプルです。

 



 

知識がムダだと言っているわけではありません。


あくまで、最適な「解」を導くことを邪魔してしまう考え方を排除します。


なるほど!プロはここを見ているのか!!!
なるほど!!プロはこう考えてテクニカルを選ぶのか!!!
なるほど!!!プロはこうして未来を予測をしているのか!!!


こう思ってもらえる内容を用意しています。


この辺りが腑に落ちれば、最適な「解」を自分自身で導くことが出来るようになります。


セミナーが終わった時には、自分のすべきことや知識やテクニカルの使い方が

スッキリと腑に落ちているはずです。

即答でYESと答えられない方は、知識があっても見識を持っていない可能性があります。


勝ち続けるトレーダーになるための、自分自身の課題を明確にしましょう。


現在の自分の状況を創り出している原因は何なのか?
そして、その現状を打破、もしくは向上させるには何が必要なのか?


それを理解していなければ、勝ち続けられるトレーダーになることはできません。
それこそ、なまじ知識があるということで判断を鈍らせ、勝機を逃している可能性があります。

 

単刀直入に答えを教えましょう。

 

 

 


もし、課題を感じるのであれば知識を見識に変える必要性があるかもしれません。
トレードで勝ち続ける人になるために必要なことは単純明快です。

多くのトレーダーがレートの上がり、下がりにばかり目が行ってしまい、

相場を生き抜くために本当に重要なポイントは見落としがちです。


相場環境に合わないテクニカルを闇雲に用いてエントリーを行い、

その時に経験した損失が今度はトラウマになり、チャンスでエントリーできないという

悪循環に陥ることトレーダーも少なくありません。

 

このような失敗は相場環境をしっかり把握でき、その相場環境に応じて、

何らかの調整を行っていれば防げた失敗です。


逆に言えば、相場環境をしっかり判断できれば用いるテクニカルはシンプルで良いということです。

 

 


 

同じレートをつけるにしても、どのような相場環境でそのレートに向かっているのか?
その環境下ではどのような動きが予想されるのか?


によって、取るべき対応が違います。


今回のセミナーでは、相場環境をテクニカルと結び付け、

相場を判断しながらトレードの難易度を下げるということを主目的として
講義をしていきたいと思います。


既にある程度トレードの経験があり、知識がある方には

知っているテクニカルを最大限活用するスキルのベースアップ


初心者の方には最初に知っておくことで今後の成長の速度を格段に上げるベース作り
をしていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプットした知識を、最適にアウトプットできる見識にするために、
トレードベースアップセミナーは存在します。


色々なところで得た知識や情報は定期的に整理整頓する必要があります。


初心者でも、上級者でも、相場環境が常に変動する以上、
その時々に合わせて最適なトレードを行う必要性は常に存在します。


常に最適なトレードを実践できるように、
そして常にインプットとアウトプットのレベルを上げられるように
トレードベースアップセミナーは今後も定期開催していく予定です。

 

 

 

「わかる」から「できる」ようになるまで、何回でも参加して下さい。


プロから直接実践形式で学べる機会はそんなにあるものではないはずです。


プロのトレード知識と見識を、あなたのトレード知識と見識として下さい。
まさにトレードのベースアップです。


やることは非常にシンプルですが、そこには大きな価値があります。

セミナー名
トレードベースアップセミナー 2015スプリング
セミナー概要

@勝つために重要な相場判断
  ・相場環境の種類とチェックポイント
  ・環境に合わせた傾向と対策

 

相場環境が変わり急に勝てなくなり、 難しいと感じたという経験はありませんか?トレードで勝つために重要なことは自分自身がその時の相場環境にいち早く合わせることです。

ひと言で相場環境と言っても、その時々によって刻々と環境が変わるため、これが難しいのですが、実はこれがトレードで勝つために一番重要だと言っても過言ではありません。では、市場にはいったいどのくらいの相場環境があるのでしょうか?

この章では、単純にトレンド相場やノントレンド相場という分け方だけでなく、トレンド形成中や調整中の相場環境でも、異なる環境や特徴があり、それらを細かくテクニカルと結び付けてながら分類することで、トレードの難易度を下げられる相場判断の方法や考え方、対応力を身につけ、今後に役立てていただきたいと思います。

 


 

A過去の相場を振り返ってみよう
  ・それぞれの相場環境と特徴、材料
  ・取るべき対応を考え方

 

過去を振り返り、その時の値動きや動いた材料、相場の特徴を見ながら、その時にどのような対応が良かったのか?を振り返っていきます。全く同じ相場環境はありませんが、今後似た環境や特徴の相場が訪れた時にいち早く対応できるようこの章では過去を振り返り、その相場を整理していきたいと思います。

 

今の相場を見ていると、どうしても過去のことを思いだす余裕もなく、上がるか?下がるか?だけに囚われがちです。今後そういったことがないよう準備をする意味も含まれます。
どのようなテクニカルや考え方をすればいいのか?過去の検証にも似ていますが、今後これを自分の使うテクニカルで当てはめても役に立つはずです。

 



B現在と今後予想される相場環境と対応
  ・今の相場環境を考えてみる
  ・今後の展望と注意すべきポイント

 

この章では、現在の相場環境の特徴や今後注意すべきポイントを洗い出していきたいと思います。最終的に重要なのは過去ではなく、これからの相場で利益を上げることです。いざという時に迷ってしまうことがないよう今と今後想定される相場環境の中でのケーススタディをしていきたいと思います。もちろん今後のテクニカル的な予想も含めて最終の落とし込みという位置づけの章です。

セミナー日程

2015年4月25日 

受付開始:12時30分 セミナー開始:13時 セミナー終了:16時 

懇親会開始(参加希望者のみ)16時30分〜18:30

セミナー会場

TKP市ヶ谷カンファレンスセンター

 

〒162-0844

東京都新宿区市谷八幡町8番地 TKP市ヶ谷ビル

 

JR『市ヶ谷駅』より徒歩約2分


東京メトロ南北線・有楽町線『市ヶ谷駅』7番出口より徒歩約1分

4番出口より徒歩約2分

セミナー会場地図

より詳しくはこちらでご確認ください。

価格

定価:20000円  定価(懇親会込):24800円

メルマガ・ブログ読者様限定価格:9800円  懇親会込の場合:14600円

定員
先着100名

 

メルマガ・ブログ読者様限定 先行ご優待受付期間終了まで


 

 

 


今回ご用意した4つの特典は、セミナー参加者が手に入れることで、

セミナーで学習した内容をしっかりと落とし込む事が出来ます。

 

セミナーに参加した後、しっかりと知識を理解し実践することが出来るか。

 

どんなに良いセミナーでも、どんなに良い学習教材を手に入れたとしても、

実践しなければ何の意味もありません。

 

実践するためのサポートとして特典をぜひご活用ください。

実践的な内容でプロの勝ち方を学ぶ機会。


ケーススタディで実践的に相場分析・手法選択・相場予測を
私と共に最適な解を求めるセミナーないようになります。


新しい知識をお伝えするのではなく、今まで学んできた知識をいかに活用するか?
という点に絞ったセミナーになるので、やることは非常にシンプルです。


ですが、シンプル故にこのような実践形式のセミナーをできる講師は多くありません。


共に実践形式で学ぶということは、

 


 

ということです。


その場で見せ、証明し、習得してもらうということは、
講師の立場からすると相当プレッシャーのかかることでもあります。


にわか講師では、まず間違いなく無理です。


ひとつの手法だけでたまたま上手くいった。


という類いのものでは実践的に相場分析をするのは不可能です。


ある種、私だからできるセミナーかもしれません。


私にはプロレベルのトレーダーを育てる自信も自負もあります。

 

 

 

 

これらのプロを育てる根拠があります。


トレードベースアップセミナーでは、この根拠を目の前で証明できると思います。


プロが何を考え、何を指標にし、何を選択するのか?
プロがいつ、どこで、どのように手法を活用するのか?
プロが当たり前に勝ち続ける「勝ち方」の秘密は何なのか?


実際にお見せしたいと思います。


自信があるからこそ、自負があるからこそ、根拠があるからこそ…
勝ち方を証明し、勝ち方をお伝えすることができます。


なので、

プロの勝ち方が身につくまで矯正できますので少しでも不安を抱えている方は必ず参加して下さい。

 

以下、自分はこんなトレーダーだな。

と思う項目があればベースアップの必要性があります。

 

これらに心当たりがあるトレーダーには参加資格があります。

 

 

トレードベースアップセミナーに
参加すべきトレーダー



チェックマーク 勝つための近道をしたいと思う初心者トレーダー
チェックマーク 自分の力で相場を生き抜きたいと思うトレーダー
チェックマーク いつも同じような失敗をしていると感じるトレーダー
チェックマーク 昨年末からのもみ合い相場で難しいと感じるトレーダー
チェックマーク トレンド相場で方向は分かってもいつも乗り遅れると感じるトレーダー
チェックマーク 負けの経験、恐怖心から混乱して分からなくなると感じるトレーダー
チェックマーク トレードになるとどうしも冷静になれず不安を感じるトレーダー
チェックマーク 相場に振り回されていると感じるトレーダー
チェックマーク 勝てずに自分には才能がないと感じるトレーダー
チェックマーク テクニカルをいくら勉強しても何か足りないと感じるトレーダー
チェックマーク 良く考えると一喜一憂しているなと感じるトレーダー

 



自分自身がトレードをしている中で感じる違和感や問題点、不安や恐怖を思いだしてみてください。
上記の羅列のように感じる方は相場環境を把握できずに失敗していると思われます。


人によってはそれがトラウマになっているという方もいるかもしれません。

 


ただ、冷静に考えてください。

 



そこで重要なのが調整できる力なんです。


そして、それを実現するのが相場環境を判断してその相場の特徴を把握し、

傾向と対策を立てるということなんです。


単純に考えれば当たり前のことですが、相場という生き物を前にすると、

それに気付けないことも多々あるのが現実です。


そこから抜け出す第1歩として本セミナーを活用していただきたいと思っています。

今回のセミナーは“相場環境”についてお話したいと思います。

 

これを聞いて


『何だテクニカルじゃないのか・・・』
『相場環境の重要性も分かるけど・・・』


と思われる方もいるかもしれません。

 

 

一般の認識として“相場環境”の重要性はどうしてもテクニカルやファンダメンタルズ より低く、

 

その理由としてはテクニカルや ファンダメンタルズでの予測や技術というのは
知識として自分が勉強すれば、それを使いこなし勝てるようになり、

言ってみれば自分自身の努力で何とかなるからです。

 

それに対して、相場環境というのは自分自身の力ではどうにもならず、

受け身になるしかないというのが現実であり、それによりどうしても優先順位が下がってしまいます。

 

ただ、今回はあえて“相場環境”にスポットを当てて講義をしたいと思っています。

 

何故なら、
“相場環境”を軽視するトレーダーは一過性の利益は得られても、

安定して勝てるようにはならないからです。

 

そこでまずは相場環境の重要性について考えてみましょう。

 

例えば、皆さんが車を運転する時のことを思い描いてみてください。


晴れた日も雪の日も同じ運転をするでしょうか?

 

おそらくアクセルを踏む、ブレーキをかける、ハンドルを切るといった

車の運転に必要な基本操作は同じはずです。

 

ただ、晴れた日と雪の日では同じブレーキをかけるでも強さや注意すべき点が変わります。


ハンドルやアクセルの操作も同じように天候によって強さや注意すべきことが変わります。

 

ここでいう天候は言い方を変えれば“環境”ということになります。

 

天候(環境)が分かっていて、その環境下での危険や注意点が分かっていれば、

そもそもの基本操作を行う際の調整が可能になり、安全に目的地に到着できますよね?

 

環境なくして適切な基本操作ができるでしょうか?

相場もこれと同じなんです!


相場環境なくして、適切なテクニカルは使えない

そして、この天候(環境)を無視して相場で利益を上げようとしていませんか?

 

相場においてはテクニカルが基本操作の部分で、相場環境が天候の部分に該当します。


相場環境をしっかり理解し、その注意点を自分で 見極めることができれば、

テクニカルを調整し、場合によっては違う方法を検討することでトレードの難易度を抑え、

より安全な運用を実現することが可能になります。

 

2012年から始まったアベノミクスを考えてみると
これまでの長い相場の内のほんの僅かでしかないアベノミクスが始まってから今までの期間でも
途中に何度も相場環境が変わっています。

 

その環境変化により・・・

 

やり難い相場
やり易い相場、
分からない相場
分かっているけど取れない相場


と色々あったと思います。

 

そして、この時にはこうしておけば良かった!
と思うことはありませんか?

 

要は様々な相場環境に対してどう対応すればいいかを自分自身で考え、

実践できるようになり、、 スキルアップを目指すのが今回のセミナーです。

 

 

 

メルマガ・ブログ読者様限定 先行ご優待受付期間終了まで